Anti Adscreen Project (2016-)

公共空間を占有するアドスクリーンを人々と一緒にオープンなコモンズに変換するプロジェクト。

Anti Adscreen Project page

anti

Anti Adscreen Project (2016-)

公共空間を占有するアドスクリーンを人々と一緒にオープンなコモンズに変換して表現メディアに変換するプロジェクト。

Anti Adscreen Project page

anti

Storyweaver (2014)

物語をピアノで奏でた音とビジュアルで織る。Story Weaverは、アルスエレクトロニカセンターの巨大映像空間Deep Spaceを最大限に活用し、物語を「体感」として伝えるピアノ•パフォーマンスである。

Storyweaver project page

Momentrium (2012-)

Moment + rium. Momentriumは、光る矢印でこの「瞬間」を表現する作品シリーズ。静止したものから動くオブものまで、小さな矢印から大きな矢印で、このMomentriumの矢印が、プロジェクトに応じて、様々な方角を指し示します。

Momentrium project page

Connecting Monsters (2013-)

イスタンブールのtweetから生まれる新しいMonsterがイスタンブールのBesiktas Squareに現れます.

Connecting Monsters project page

TRIART (2012)

TRIARTは、2012年9月16日に高松で行ったトライアスロンを表現するプロジェクト。参加アスリートの個々の物語と、大会全体の集合の物語をかたちにしました。

TRIART project page

i (2011)

iは、iのかたちをしたタイマーである。iの点を頭(心)、線を体に見立て、つまみをひねるとiの心と体はちぐはぐの状態になる。所定の時間が経ち心と体がひとつに戻る瞬間、ベルが鳴り響きコンピュータは静かにシャットダウンされる。

i project page

Kazamidori (2009)

KazamidoriのビデオをViemoにアップしました。Kazamidoriは、アルスエレクトロニカセンターの常設作品でアルスエレクトニカのWebサイトにやってくるヴァーチャルな訪問者の方を向いてくれます。

Kazamidori project page

Blue (2008)

BLUEの映像もVimeoにアップ。BLUEは、アルスエレクトロニカセンター地下3Fのメインギャラリーにて常設展示されています。隣を流れるドナウ川のリアルタイムの水位、流速、天気、ニュース情報を絵の世界のように表現しています。

BLUE project page
news
Takamatsu Media Art Festival 2015


TRIARTが高松メディアアートフェスティバル2015にて、垂水浩幸 賞をいただきました。2012年のプロジェクトに焦点を当てたドキュメンタリー展示を予定してます。

TRIART 2012
http://triart.howeb.org/?page_id=37

イベント詳細はこちらから。 http://www.maf-takamatsu.jp
* asterisk: things that Google can’t search


h.oが2011年から進めてる*(asterisk)プロジェクトがインスタレーションの形になって、オーストリアのLendingにあるギャラリーSUBURBIAで展示されてます。

“I Believe in Internet” (*) : urbanfarm, Leonding, Austria, September 24-October 11, 2014



作品詳細: /?project=136
Flickr: https://www.flickr.com/photos/hdoto/sets/72157629626486499/
Momentrium #3 Mars
Momentriumの新作の#3 Marsをリンツの大聖堂で発表。ケプラーの住んだ街リンツで、火星を指し示しています。
Kazamidori in a small shop (Ars Electronica Festival 2014)


Ars Electronica Festival 2014(2014年9月4日-8日)では、ショッピングウィンドウなど、街の色々な場所に小さな作品を展開。Kazamidoriも小さな文房具屋さんに。