Monster in Linz

2009 Social Public Art

オーストリア、リンツにあるアルスエレクトロニカ・センターのファサードのコンテンツとして制作された作品。
アルスエレクトロニカ・センターのファサードに突如現れる巨大な顔は、センターそのものが一つのモンスターかのようにふるまい始める。センターに入ってくる訪問者があれば食べようとし、またアルスエレクトロニカのウェブサイトにヴァーチャルな訪問者があればその方角にぐるりと顔を移動させて凝視し、リアルとヴァーチャル双方からの訪問者を捉えようとせわしなく動き回る。基本システムはKazamidoriと同じものを利用しながら、可憐なKazamidoriに対し、Monsterは独特の不気味さを醸し出している。表出するメディアやデザインの違いにより、全く異なる印象に仕上げることができてしまう、情報そのものへのアンチテーゼの作品である。



Monster (2010) from h.o on Vimeo.

Monster (2010) from h dot o on flickr.

Info
Selected Exhibition


Credit

Chief: Junichi Yura

Concept: Hideaki Ogawa + Junichi Yura + Emiko Ogawa

Fasade System: Junichi Yura

Sensor System: Junichi Yura

Monster System: Taizo Zushi

Art Direction: Hideaki Ogawa



Downloads

This installation is only available for Ars Electronica Center Facade.